格安航空券の日程変更

電子チケット

格安航空券の日程変更

せっかく航空券を入手したのに急な予定変更で利用できなくなった、などの経験をしたことはありませんか?
この場合、航空券の変更を行うことになりますが、格安航空券でも可能なのでしょうか?
初めての方はとても気になることでもあります。

変更できるチケット、できないチケット

飛行機に乗る場合に必要なのが航空券ですが、この航空券には変更可能なチケットと不可能なチケットがあります。
そして、予約の変更が可能なチケットは、さらに「搭乗日や時間の変更」、「区間変更」、「搭乗者名変更」ができるものがあります。
このように、それぞれのチケットによって変更できる内容が異なりますので注意が必要です。
また変更できるチケットについては、さらに無料で変更できるものと、手数料が必要なものとに分かれます。
これら航空券の基本は普通運賃、いわゆる片道運賃になります。
そして普通運賃に準じた基本運賃の中には、往復割引運賃や小児運賃があります。
それ以外にも、株主優待、介護割引、身体障害者運賃などもありますが、これら運賃の変更も普通運賃に準じています。
このような普通運賃の形態は、搭乗日や時間の変更は無料で自由にできます。
しかし、区間や搭乗者名の変更はできません。
航空券を購入する場合は、以上の点を理解しておいてください。

格安チケットの変更について

普通運賃の航空券は搭乗日や時間の変更はできますが、問題は格安チケットの場合です。
格安チケットを購入した後に、急に予定が変わる人もいるはずです。
格安航空会社によって内容は異なりますが、運賃次第によっては変更ができる場合もあるようです。
LCCの場合、一番安いチケットを購入した場合は原則的に変更できず、払い戻しも一切できないと見ておいた方がいいでしょう。
しかし航空券を購入した時に、割増料金を支払うことで日付の変更を可能にできます。
たとえば、1000円程度の追加料金を支払うことで、日付変更が可能になる会社もあります。
その他に、手数料を支払うことで変更できるチケットもありますので、まずは一度確認してみることが大切です。
LCCは原則的に払い戻しができませんので、日程が分からない方はそのような変更可能な運賃を選ぶこといいでしょう。

購入前の確認を

格安航空券を購入した後、日程が変更になることがあります。
その場合、チケットの内容を変更できるのかどうかが気になる人も多いと思います。
格安チケットは原則的にその内容の変更はできませんが、事前手数料を支払うことで「変更可能」なチケットにすることができますので、購入前に確認しておくといいでしょう。

Similar Posts:

次の記事: を読む ≫