格安航空券の発売時期

電子チケット

格安航空券の発売時期

格安航空券は人気がありますので、できるだけ早く購入したいと誰でも思っているはずです。
しかし格安チケットの購入が初めての方の中には、購入時期が分からない方もいるかもしれません。
そのため、事前にしっかりチェックしておくことが大切です。

発売期間と購入期限


飛行機のチケットを購入する人にとって、気になるのが発売期間と購入期限ではないでしょうか。
航空券には予約と購入があり、予約は席の確保、そして購入はお金を支払うことで完了します。
予約をする段階ではまだお金の支払いは必要ありませんが、席を確保できる期間は決まっています。
航空会社によって異なりますが、全体的に数時間〜数日と短いところが多いです。
このような航空会社ではチケットについての発売期間に、「予約期間」と「購入期限」を別に設定しています。
飛行機を利用する者は、まずチケットを予約して、その後に購入という手続きを行うことになります。
この手続きは一度で行うこともできますが、予約した後に少し考えてからでも行えますので、自分に合った買い方を選びましょう。
そして気になる予約期間ですが、国内線の普通運賃であれば基本的に2カ月前からできます。
たとえば、JALやANAなどの大手航空会社の国内線チケットは、搭乗の2カ月前の午前9時30分からと規定されています。
しかし、「先得割引」や「スーパー先得」など、一部の割引運賃はこれより前に発売されます。

格安航空券の発売について

赤淵の航空券
格安チケットを購入予定の方は、その発売日が気になることでしょう。
格安航空会社によって実際の発売時期は異なりますが、LCCの場合、最大で6カ月前から発売が始まります。
たとえば、ジェットスター、バニラエア、ピーチ、春秋航空などのLCCは、運航スケジュールを発表した日がチケットの発売日になります。
これらの会社は、3月末〜10月末のスケジュールを1月下旬、そして10月末〜3月末のスケジュールを8月の下旬に発表しています。
そのため、スケジュールが発表された時に格安チケットも一緒に確認しておくことをおすすめします。
またクレジットカードは予約と購入が原則ですが、コンビニ支払は会社によって期限が異なります。
特にLCCでは、予約から購入までの購入期限がとても短くなっていますので注意してください。

早めに購入しましょう

格安航空券を購入する人の中には、その発売期間を気にしている人も多いと思います。
このような格安チケットは人気がありますので、油断してしまうとすぐに売り切れてしまいます。
LCCの場合、予約から購入までの購入期限がとても短いので早めの対処が必要です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫