小さいけど貫禄がある松本城

電子チケット

小さいけど貫禄がある松本城

松本城は木造建築のとてもステキなお城で、城の大きさとしてはそこまで大きくないですが貫禄があります。
天守閣に上がることができるのですが、休日は結構混んでいます。
ゴールデンウィークや夏休みなどの連休は待ち時間が長くなるのでその期間は避けて行くのもいいですし、時間帯を夜にするなどしてもいいと思います。
入場制限があって待たされたりするので、混んでいる時は結構大変かもしれません。

入り口では忍者の姿ををした人が迎えてくれます。
場内では火縄銃などの展示もあるので楽しめます。
日本の城の中でも4箇所しかない国宝に指定されていて、黒いお城なので「カラス城」とも呼ばれているそうです。

階段はかなり傾斜があり急なので、お子さんや妊婦さん、高齢者の方は注意しながら上がるようにしなければなりません。

夜の松本城は 昼と雰囲気が違って幻想的な姿です。
ライトアップされてとてもキレイなので、写真に収めておくという方も多くなっています。
観光客が多く、県外から毎年きているという方も多いお城なので観光するなら是非立ち寄っていただきたい場所です。

通常は17:00とか18:00までの営業となっていますが、イベントで夜に入場できることもあるので、イベントの確認をしてから行ってみるといいと思います。

・夜桜会(4月ごろ)
・松本城桜並木 光の回廊(4月ごろ)
・太鼓まつり(7月or8月ごろ)
・月見の宴(9月or10月ごろ)
公式サイト

本城は国宝です。
今ある城の中でも最古の五重六階の木造天守となっており、天守内を見学する場合は階段の利用のみとなっています。
天守内は入り口で下足袋をもらえるので、履物は脱ぎ、下足袋に入れて持ち歩くことになります。
階段の数は約140段となっているので、足が悪い方にはキツイかもしれないので外からの見学をオススメします。

Similar Posts:

  ≪ 前の記事: を読む