eチケットとは!格安航空券も同じ、最近の航空券はeチケットが主流!

今では当たり前のように使われているeチケットですが、eチケットとはそもそも何なのでしょうか。どうしてeチケットが誕生したのか、そして、まだまだ使い方を把握していない方もいると思いますので、その使用方法もここでおさらいしましょう。

電子チケット

eチケットとは何か、その使い方と、どうしてeチケットになったの?

eチケットという言葉を最近よく耳にすることが多いかと思いますが、一体eチケットとは何か、そしてその使い方となぜeチケットが主流になったのかということを見ていきたいと思います。

eチケットとは何か、そしてなぜそうなったのか

eチケットとは、日本で言えば電子航空券です。これが誕生する前までは、皆さんもご存知の通り、いわゆる紙チケットが主流でした。これを持って空港に行く(もしくは、空港カウンターで引き渡される)ことが絶対だったので、忘れると大変なことになっていました。

そんなeチケットにどうしてなったのかというと、これは、環境のことを考えてです。紙の航空券というのは、たった1枚ではなく、基本は合計4枚プラス冊子がついていました。

1枚目には往路航空券、2枚目には復路の航空券、3枚目はレシート、4枚目は発券した会社の控えとなっていますが、1つの予約に何便も予約が入っていた場合、さらにこの枚数は増えます。

そして、冊子は薄い紙が数枚本のようになっていますが、これだけでかなりの紙が使われますし、航空券専用の紙はとても特殊でお金のかかるものでした。そういったコストをカットさせるためにも、紙航空券は廃止され、eチケットが代わりに作られました。

eチケットはどのように使えばいいのか

最近ではeチケットばかりになっていますから使い方を知っている方も多いでしょうが、知らない方は知っておくと便利です。インターネットや旅行会社を通じて航空券を予約すると、メールなどで6桁の予約番号が送られてきます。

それがあれば、航空会社のシステム上、あなたの予約が確認できます。ですので、この予約番号とチケット番号がそこには書かれていますので、それを空港のカウンターに持って行けば、グランドホステスさんがボーディングパスを発行してくれるので、後は今までと同じようにそれをもってゲートに向かって飛行機に乗ればよいだけです。

メールで届いたeチケットはプリントアウトをして持って行ってもいいですが、ほとんど意味はありませんので、予約番号とチケット番号、そして海外への渡航であれば、パスポートを提示するだけで問題ありません。

例え予約番号を持っていなかったとしても、パスポートを見せるだけでも良いですし、国内線でも名前を伝えるだけで問題ないです。今までのように航空券を飛行機に忘れないようにしなければいけないというプレッシャーもなく、無くしても問題ないので、非常に便利になりました。

eチケットについて

最近の航空券はeチケットが主流になっていますので、飛行機に乗る前にその内容をしっかり理解しておくことが大切です。ここでは、eチケットについての基本的な内容を紹介します。

電子航空券

飛行機に乗る時に必要なのが航空券です。
航空券については前は紙のチケットが一般的で、氏名、年齢などの基本情報を記載して発券していました。
しかし最近は電子航空券、いわゆるeチケットが主流になっています。
これは、このeチケットは普通航空券だけでなく格安航空チケットも同じですので、これから利用する方は注意しておきましょう。
eチケットとは、航空会社のコンピューターに利用者の予約情報をすべて記録したシステムです。
利用者が予約すると、その日付や便名などが記載してある旅程表や確認書などが、利用者宛てに航空会社などから送られてきます。
この時に送られてくる「eチケットのお客様控え」ですが、これは航空券ではなく旅程を確認ためめための紙になります。
当日はこの紙に記載されているバーコードを、自動チェックイン機にかざして手続きを行います。
チェックインすると、航空会社のコンピューターシステムから利用者の予約記録を読み出し、自動で搭乗手続をしてくれます。
eチケットの控えと紙チケットは、ほぼ同じ役割を果たしています。
両者の大きな違いは、電子航空券であれば購入期限内に再発行が可能、そして自宅で印刷できる点にあります。

格安航空券の使い方

メールを受信したパソコン
電子航空券は格安チケットも同じであり、eチケットに対応した格安チケットを購入すると、航空会社や旅行会社からメールなどでeチケットお客様控えが送られてきます。
この時に送られてくる客様控えは単なる文字情報であり、A4用紙に印刷できるサイズの場合が多いです。
この確認メールや控えにある「確認番号」と「予約番号」という2つの数字があれば、予約便の搭乗がスムーズにできます。
飛行機に乗る時は、自動チェックイン機の画面表示の指示に従って入力するだけで大丈夫です。
この時に、控えに記載された「確認番号」と「予約番号」の入力を行います。
座席指定をしていない方でも、搭乗手続きを行う際に空席の中からシートを選択できます。
そして空港に自動チェックイン機が設置されていない時、もしくは手続きに不安がある方は、空港カウンターに「確認番号」と「予約番号」を伝えてください。


eチケットの理解を

最近は電子航空券、いわゆるeチケットが主流になっています。
格安航空券もまた同じですので、これから利用する人はその内容をしっかり理解しておいてください。
eチケットは、紙の航空券と比べてメリットが多いのが特徴です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報