格安航空券も同じ、最近の航空券はeチケットが主流!

電子チケット

eチケットについて

最近の航空券はeチケットが主流になっていますので、飛行機に乗る前にその内容をしっかり理解しておくことが大切です。
ここでは、eチケットについての基本的な内容を紹介します。

電子航空券

飛行機に乗る時に必要なのが航空券です。
航空券については前は紙のチケットが一般的で、氏名、年齢などの基本情報を記載して発券していました。
しかし最近は電子航空券、いわゆるeチケットが主流になっています。
これは、このeチケットは普通航空券だけでなく格安航空チケットも同じですので、これから利用する方は注意しておきましょう。
eチケットとは、航空会社のコンピューターに利用者の予約情報をすべて記録したシステムです。
利用者が予約すると、その日付や便名などが記載してある旅程表や確認書などが、利用者宛てに航空会社などから送られてきます。
この時に送られてくる「eチケットのお客様控え」ですが、これは航空券ではなく旅程を確認ためめための紙になります。
当日はこの紙に記載されているバーコードを、自動チェックイン機にかざして手続きを行います。
チェックインすると、航空会社のコンピューターシステムから利用者の予約記録を読み出し、自動で搭乗手続をしてくれます。
eチケットの控えと紙チケットは、ほぼ同じ役割を果たしています。
両者の大きな違いは、電子航空券であれば購入期限内に再発行が可能、そして自宅で印刷できる点にあります。

格安航空券の使い方

メールを受信したパソコン
電子航空券は格安チケットも同じであり、eチケットに対応した格安チケットを購入すると、航空会社や旅行会社からメールなどでeチケットお客様控えが送られてきます。
この時に送られてくる客様控えは単なる文字情報であり、A4用紙に印刷できるサイズの場合が多いです。
この確認メールや控えにある「確認番号」と「予約番号」という2つの数字があれば、予約便の搭乗がスムーズにできます。
飛行機に乗る時は、自動チェックイン機の画面表示の指示に従って入力するだけで大丈夫です。
この時に、控えに記載された「確認番号」と「予約番号」の入力を行います。
座席指定をしていない方でも、搭乗手続きを行う際に空席の中からシートを選択できます。
そして空港に自動チェックイン機が設置されていない時、もしくは手続きに不安がある方は、空港カウンターに「確認番号」と「予約番号」を伝えてください。


eチケットの理解を

最近は電子航空券、いわゆるeチケットが主流になっています。
格安航空券もまた同じですので、これから利用する人はその内容をしっかり理解しておいてください。
eチケットは、紙の航空券と比べてメリットが多いのが特徴です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報